GENUINE HOME 鹿児島で建てる、真の高性能住宅 » COLUMN|鹿児島で高性能住宅を建てる前に知っておきたいこと » 鹿児島県で知っておきたい医療情報

鹿児島県で知っておきたい医療情報

このサイトは 「PASSIVE STYLE」をスポンサーとして、Zenken株式会社が運営しています。

鹿児島県で住宅を建てる際に知っておきたい医療情報を紹介。バリアフリー住宅を考える際のポイントも紹介しています。

鹿児島県の医療費助成制度

鹿児島県には様々な助成制度がありますが、ここでは医療費助成制度についていくつか紹介します。

子ども医療費助成制度

子どもにかかる医療費の負担を県と市町村が軽減してくれる制度です。
未就学児が対象となる「乳幼児医療費助成制度」と住民税非課税世帯の高校生までが対象の「子ども医療給付制度」の2種類があります。

ひとり親家庭医療費助成制度

母子・父子家庭などを対象に、医療費の自己負担分を県と市町村に助成してもらえる制度です。
助成適用の対象外となるケースがいくつかあるため、それぞれの状況によって確認が必要となります。

不妊治療費助成事業

不妊に悩むご夫婦の精神的・経済的な負担軽減するため、治療費の一部または全額を保証してくれる制度です。
対象となる人や治療に適用条件がありますが、活用できれば非常にありがたい制度です。

ここまで代表的な助成制度をいくつか紹介しました。詳しくは県のHPを確認してください。

参照元:鹿児島県公式HP(http://www.pref.kagoshima.jp/kenko-fukushi/kenko-iryo/index.html /)

病院に近い家の利点と注意点

病院が近い家は、自宅から病院にアクセスしやすいことが大きな利点です。
高齢になっても継続して病院に通いやすいという点は、非常に重要です。
しかし、家と病院が近すぎる場合は、昼夜問わず頻繁に救急車が走ってくることもあるため注意が必要です。物件を買うまたは家を建てる際は、利点だけでなく注意点も考えて検討しましょう。

通院を考えている人が取り入れるべき「バリアフリー」な間取り

バリアフリー住宅とは、小さなこどもから高齢者の方々まで「安心・安全・快適」に生活できるようにした住宅です。段差を無くし、廊下に手すりを付けるなどの工夫を施します。

「バリアフリー」な間取りの住宅を考える際には、平屋プランが最適です。
ワンフロアで動線のよい間取りを実現しやすいため、障害となる段差を少なく抑えることが可能となります。

通院を考えている人は、自分の部屋から玄関までの距離は短く、通路幅を広くとった間取りがおすすめです。また、移動のしやすさを考えて、部屋から玄関までの通路には段差や障害物がないようにしましょう。

「真の⾼性能住宅」を⿅児島で建てるならPASSIVE STYLEに相談 「真の⾼性能住宅」を⿅児島で建てるならPASSIVE STYLEに相談
あわせて読みたいページ