GENUINE HOME 鹿児島で建てる、真の高性能住宅 » COLUMN|鹿児島で高性能住宅を建てる前に知っておきたいこと » 防犯対策がしっかりした注文住宅を建てたい

防犯対策がしっかりした注文住宅を建てたい

注文住宅を建てるにあたって、優先的に検討しておきたいのが防犯対策です。空き巣などの被害を防ぐには、しっかり防犯対策を施すことが求められます。家族の安心・安全にも繋がりますので、防犯を意識した家づくりを行いましょう。

泥棒に狙われやすい家の特徴

泥棒に狙われやすい住まいは、いくつかの共通点があります。中でも以下に該当する住宅は、空き巣被害にあうリスクが高いといえます。

これらの条件に当てはまる住宅は、簡単に侵入されてしまうおそれがあります。防犯対策が必要不可欠でしょう。

具体的な防犯対策

窓に防犯対策を施す

窓は泥棒が侵入しやすい場所の一つですが、侵入に時間がかかるほど目撃されるリスクが高まるため、犯行を諦める傾向があります。窓の解錠に時間がかかるよう防犯対策を施せば、泥棒の被害を防ぐことが可能です。注文住宅を建てる際は、以下の対策を取り入れましょう。

特に道路から見えにくい場所や、死角になる場所は、二重鍵と防犯ガラスで対策するのがおすすめです。予算に余裕があるなら、センサー・アラームの設置も検討しましょう。

玄関に防犯対策を施す

泥棒は窓だけでなく、堂々と玄関から侵入する場合もあります。玄関から侵入するケースは多くないものの、万が一に備えて対策しておきましょう。

玄関の場合、以下の防犯対策をおすすめします。

防犯カメラやセンサーライトは、単純ではあるものの、泥棒に防犯意識の高さを示す有用な手段となります。また、鍵をピッキングが困難なディンプルキーや、ウェーブキーにするのもよいでしょう。こじ開け防止には、ドアガードやサムターンガードの設置が適しています。

外回りに防犯対策を施す

塀や庭などの外回りも防犯対策が必要です。泥棒を近づかせないためにも、以下の防犯対策を施しましょう。

死角となりやすい場所に防犯カメラやセンサーライトを設置し、歩くと大きな音が出る防犯砂利を敷くのもおすすめです。可能なら、周辺道路から庭を見渡せるオープン外構にするか、侵入抑止に繋がりやすい、剣先デザインのフェンスを導入するとよいでしょう。

勝手口に防犯対策を施す

もし勝手口を設置するなら、しっかり防犯対策しておきましょう。泥棒の侵入を防ぐために、以下の対策をおすすめします。

基本的に玄関と同等か、それ以上の防犯対策が求められます。勝手口は死角になりやすいため、防犯砂利を敷いたり、防犯カメラ・センサーライトを取り付けたりするのも有用です。

防犯対策を意識した家づくりを

泥棒はいつ・どのようなルートで侵入するか誰にも予想できません。だからこそ、日頃からの防犯対策が重要で、泥棒の侵入を抑止し、被害を防ぐことに繋がります。注文住宅を建てる時は、場所に応じた防犯対策を施しましょう。

「真の⾼性能住宅」を⿅児島で建てるならPASSIVE STYLEに相談 「真の⾼性能住宅」を⿅児島で建てるならPASSIVE STYLEに相談
あわせて読みたいページ